スポンサーリンク
スポンサーリンク

ケンシロウ「し、シンちゃん!お胸激しく突かないで!」 シン「うるさいですね……」ドスドスドス

1: 雑な名無し 2018/12/28(金) 08:32:42.44 ID:sTuXg0gq0

ケンシロウ「あ、あぁ~ッ!」 ドピュドピュドピューッ!

シン「はい、今日の南斗聖拳の処刑は終わり。お疲れさまでした」

ケンシロウ「うぅ……あ、ありがとうございました……」

数週間前、念願のユリアを恋人にしたのだが、『お前もあのケンシロウの甘さは知っていよう。今の時代をあいつでは生き抜いていくことはできん!!となればユリアは必ずだれかの手に落ちる!!それでもいいのか !!』
という懸念の声があり、結果、シンちゃんが定期的にケンシロウのオ胸に七つの傷をつけてくれるようになった。しかしシンちゃんはなんだか
前からケンシロウの存在自体がゆるせなかったみたいで、いつもいつも不愛想にオ胸をツキツキして、七つの傷イタイイタイなのだった。

ケンシロウ「トホホ……シンちゃん可愛いのにオ胸ツキツキはイタイイタイなんだから……あーあ、どうにかしてシンちゃんのオ指ブスブスをやさしくて気持ちいものにしてもらえないかな~、ん?」

深夜なのにシンちゃんの部屋から明かりが漏れている。

2: 雑な名無し 2018/12/28(金) 08:33:14.39 ID:sTuXg0gq0

シン「よいしょ……よいしょ……」

ケンシロウ(し、シンちゃんが、自分の部屋でユリアを相手にオ胸ツキツキの練習をしている!?)

シン「ふぅ……こんなものですかね……。もっと欲望…執念を感じてもらえるように頑張らないと……」

ケンシロウ「シンちゃーん!」 バターンッ!

シン「ひゃあッ!?」

ケンシロウ「シ、シンちゃーん! てめえに会うために地獄の底から這い戻ったぜーッ! シンちゃんは毎日おれのためにオ胸つきつきの練習してたのにおれはそんなことも知らずに……ッ!
アタッ!アタッ! ユリアはどこだ?」

シン「ど、ドサクサにまぎれて秘孔を突かないでください!」

ケンシロウ「安心しろ。秘孔は外してある。ユリアを返してもらおうか。」

シン「た、確かに貴様の執念は見せてもらった…ならばその執念の元を断ってやろう。それがおれのお仕事なんですから……。それに、これで、貴様の執念も半減したと言うわけだから。」

ケンシロウ「そ、そんなことないよ! シンちゃんのその行動だけでおれは十分怒れるんだよ! あっ、そ、そうだ! シンちゃんおてて出して!

シン「こ、こうですか?」

ケンシロウ「そう! それじゃあ今からブラッディクロスの形に秘孔を突くからね! シンちゃんのやわらかからだにドッピュするからね! ちゃんと受け止めてね!」

シン「えっ、えっ?」

ケンシロウ「ウオーッ! シン! 貴様だけは〇す!」ドピュドピュドピューッ!

シン「ひゃあッ!」ビシャーッ

4: 雑な名無し 2018/12/28(金) 08:33:51.93 ID:sTuXg0gq0

ケンシロウ「くっ、ふぅ……! す、すっごい濃いのが出たぁーッ!」

シン「ほんとうです……で、でもなんで……?」

ケンシロウ「それはね……おれの怒りが、シンちゃんに伝わったからだよ! 執念にまさるおれの怒りがね!」

シン「怒り……お、おれの命はあとどのくらいだ…」

ケンシロウ「ブラッディクロスの形に秘孔を突いた。 だから、一分なんだよ! この秘孔つきつきは、普通に死ぬんじゃなくて、貴様の紋章を抱いて死ぬんだよ!」

シン「き、貴様の紋章を抱いて死ぬって……はわわ……だ、だがな おれはお前の拳法では死なん!! さらばだ ケンシロウ」

ケンシロウ「シン!!」
その後、おれは一晩中シンちゃんの遺体を探し続けて次の日の朝はシンの墓を建ててやった。
でもまぁ、その日以来、おち〇ち〇搾りをするときシンちゃんが耳元で「おれはお前の拳法では死なん!!」とつぶやいてくれるようになったので結果オーライ! 終わり

6: 雑な名無し 2018/12/28(金) 08:34:39.32 ID:P4DH/rwu0
定期的に突きにくるのか

7: 雑な名無し 2018/12/28(金) 08:35:04.24 ID:cj2MrbuWd
ところどころ素にもどるのやめろ

8: 雑な名無し 2018/12/28(金) 08:35:07.20 ID:dvLlscn80
頑張ってるな

9: 雑な名無し 2018/12/28(金) 08:35:33.31 ID:5BLiNt1hM
たまに冷静になるの好き

10: 雑な名無し 2018/12/28(金) 08:35:55.47 ID:cmFZsjKQa
バッドエンドやないかい!

11: 雑な名無し 2018/12/28(金) 08:36:08.64 ID:CJp7ikKZ0
むっ悪魔が微笑む時代か…

12: 雑な名無し 2018/12/28(金) 08:36:15.86 ID:njobp9qK0
定期的なのか…

13: 雑な名無し 2018/12/28(金) 08:36:25.03 ID:tAqHrzm+0
面白いのに一番最後適当過ぎやろ

14: 雑な名無し 2018/12/28(金) 08:36:40.00 ID:AOOq61zIp
所々、素に戻ってて草

15: 雑な名無し 2018/12/28(金) 08:37:39.72 ID:IA5q6DjJp
突然ジャギの長台詞で草

19: 雑な名無し 2018/12/28(金) 08:38:37.16 ID:sTuXg0gq0
ラオウ「ゆ、ユリアちゃん! おち〇ち〇激しくしないで!」 ユリア「うるさいですね……」シコシコシコ

20: 雑な名無し 2018/12/28(金) 08:38:58.61 ID:cNZo9TiGM
普通に草

21: 雑な名無し 2018/12/28(金) 08:38:58.80 ID:sTuXg0gq0

ユリア「わたしにみつめられていては射精しにくいでしょう」ミツメヌワー

ラオウ「わ、我が射精に一片の悔いなし~ッ!!」 ドピュドピュドピューッ!

ユリア「はい、今日の搾精は終わり。お疲れさまでした」

ラオウ「うぅ……このラオウ いまだ愛を知らぬゆえに哀しみが見えぬ……」

数週間前、念願のユリアを強奪したのだが、『男性ばかりの拳王軍で若いユリアを野放しにするとレ〇プされるのでは』
という懸念の声があり、結果、ユリアちゃんが定期的にラオウのオ〇ン〇ンから精子をシコシコしてくれるようになった。しかしユリアちゃんはなんだか
ラオウのことがキライみたいで、いつもいつも不愛想にオ〇ン〇ンシコシコして、我が頭上に死兆星ミエルミエルなのだった。

26: 雑な名無し 2018/12/28(金) 08:40:06.92 ID:cNZo9TiGM
>>21
うぬのほうがいいとおもう

28: 雑な名無し 2018/12/28(金) 08:42:17.34 ID:uKRwtARn0
>>21
ラオウのシコシコする理由になってないと思うんですがそれは…

22: 雑な名無し 2018/12/28(金) 08:39:15.50 ID:sTuXg0gq0

ラオウ「トホホ……ユリアちゃん可愛いのにオ〇ン〇ンシコシコはイタイイタイなんだから……あーあ、どうにかしてユリアちゃんの〇液ピュッピュをやさしくて気持ちいものにしてもらえないかな~、ん?」

深夜なのにユリアちゃんの部屋から明かりが漏れている。

23: 雑な名無し 2018/12/28(金) 08:39:28.90 ID:im7G9fAEM
半分イチゴ味やんけ!

24: 雑な名無し 2018/12/28(金) 08:39:37.46 ID:sTuXg0gq0

ユリア「よいしょ……よいしょ……」

ラオウ(ゆ、ユリアちゃんが、自分の部屋でクリスタル50万個の等身大ケンシロウ相手にオチ〇ポシコシコの練習をしている!?)

ユリア「ふぅ……こんなものですかね……。もっと気持ち良くなってもらえるように頑張らないと……」

ラオウ「ユリアちゃーん!」 バターンッ!

ユリア「ひゃあッ!?」

ラオウ「ユ、ユリアちゃーん! ごめんよーッ! ユリアちゃんは毎日おれのためにオ〇ン〇ンしこしこの練習してたのにわしはそんなことも知らずに……ッ!
ハフッ!ハフッ! ユリアちゃんの慈母星ふとももいい匂い!」

ユリア「ど、ドサクサにまぎれて匂いを嗅がないでください!」

ラオウ「ご、ごめんねユリアちゃん……!」

25: 雑な名無し 2018/12/28(金) 08:39:57.30 ID:sTuXg0gq0

ユリア「べ、別に、オ〇ン〇ンしこしこ練習するくらい普通です……。それがわたしのお仕事なんですから……。それに、峻烈な男たちの戦いのためにわたしがしてあげられるのは 心置きなく送り出すことだけですから」

ラオウ「そ、そんなことないよ! ユリアちゃんのその気持ちだけでわたしは十分オ〇ン〇ン気持ちいいんだよ! あっ、そ、そうだ! ユリアちゃん命出して! 」

ユリア「わたしの命を!!」

ラオウ「そうだ! おれはいまだ愛というものを知らぬからね! ユリアちゃんを失って初めて知ることができるかもしれぬからね! 恨んでもかまわぬからね!」

ユリア「えっ、えっ?」

ラオウ「ウオーッ! 許せユリア! わが内に哀しみとなって生きよ!!」ドピュドピュドピューッ!

ユリア「ひゃあッ!」ビシャーッ(雷の鳴る音)

27: 雑な名無し 2018/12/28(金) 08:40:17.22 ID:sTuXg0gq0

ラオウ「くっ、ふぅ……! こ…殺せぬ このラオウにこの女は 捨てることはできぬぁーッ!!」

ユリア「ほんとうです……で、でもなんで……?」

ラオウ「それはね……ユリアちゃんの気持ちが、おれに伝わったからだよ! ユリアちゃんの他人を思いやる優しさがね!」

ユリア「わたしのやさしさ……」

ラオウ「そう! だから、テクニックなんて、二の次なんだよ! 無想転生は、うぬを殺してはまとえぬ、ユリアちゃんへの愛……哀しみが一番気持ちいいんだよ!」

ユリア「あ、愛って……はわわ……あ、あの……このわたしの命でこの世に光をもたらすのであれば……天へ送ってもらってもいいですか?」

ラオウ「な…なんという女よ!!ユリア!!うぬへの愛を一生背おっていってやるわ!!」

その後、ラオウは一晩中ケンシロウと戦い続けて次の日の朝は一片の悔いがないほど疲弊していた。
でもまぁ、その日以来、全身から血を吹き出すときトキちゃんが耳元で「もういい兄さん、勝負はこれまでだ」とつぶやいてくれるようになったので結果オーライ! 終わり

29: 雑な名無し 2018/12/28(金) 08:42:31.08 ID:2Cms8an9d
深夜に立て直せ

30: 雑な名無し 2018/12/28(金) 08:42:58.62 ID:LaYXAGxDd

32: 雑な名無し 2018/12/28(金) 08:44:20.66 ID:LYIGrKaE0
画風が違いすぎる

33: 雑な名無し 2018/12/28(金) 08:46:28.09 ID:CjUPXzJM0
話が成り立ってしまう

35: 雑な名無し 2018/12/28(金) 08:47:14.07 ID:vlvlnGM2a
めっちゃ二人の声がアニメ版で再生されるわ

36: 雑な名無し 2018/12/28(金) 08:47:18.99 ID:z1ch5vdRd
聖帝編あく

38: 雑な名無し 2018/12/28(金) 08:48:00.65 ID:Ih0BmijCp
すまん、お師さまのシコシコする無愛想なサウザーちゃんまだ?

39: 雑な名無し 2018/12/28(金) 08:48:01.51 ID:5GTS+pJs0
むっ…サザンクロスか

40: 雑な名無し 2018/12/28(金) 08:48:05.87 ID:KlqxpLVUd
草生える

41: 雑な名無し 2018/12/28(金) 08:48:33.29 ID:+KsAT9wZd
ラオウの一人称はわし俺わたし使い分けた方がいいと思う

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする