スポンサーリンク
スポンサーリンク

パワプロ「もしも、野球部マネージャーがドラえもんだったら?」

1: 名無し 2015/09/14(月)21:31:05 ID:nLW
キャラ崩壊 変態注意

2: 名無し 2015/09/14(月)21:32:15 ID:nLW

第一話

パワプロ「おはよう、今日も元気に練習頑張ろう」ガチャ

聖「おはよう、パワプロ先輩今日も早いな」モグモグ

パワプロ「おはよう、聖ちゃん何食べてるの?」

聖「先輩のパンツだ」もぐもぐ

パワプロ「何で食べてるの?」

聖「それは、人はなぜパンを食べるのか?みたいな哲学的問いだろうか?」

パワプロ「いや、なぜパンツを食べるのか常識的に問いてるんだけど…」

聖「そうだな、そこにパンツがあるから……かな///」もぐもぐ

パワプロ「もういいや…」

3: 名無し 2015/09/14(月)21:34:39 ID:nLW

みずき「おはようございまーす」ガチャ

パワプロ「おはよう」

聖「おはよう、みずき」もぐもぐ

みずき「ちょっと!聖何やってるのよ!」

パワプロ「そうだね」

みずき「パワプロ先輩のパンツは煮出して、お茶として飲んだ方が楽しめるっていつも言ってるでしょ!」

パワプロ「そうだね……」

聖「それは心外だな、みずき。パンツは生で食べてこそ真の美味しさがある。それを水で薄めるなんて愚の骨頂だ」もぐもぐ

みずき「ふざけないで!人類の人類たる由縁は知恵よ!動物宜しく、生で食べるなんて、野蛮人のすることだわ」

パワプロ「それよりも、パンツを食べたりすることの方が問題じゃないかな…」

4: 名無し 2015/09/14(月)21:36:13 ID:nLW

みずき「はぁ?じゃあ、先輩に聞くけど、先輩は今までに食べたパンツの数覚えてるの?」

パワプロ「覚えてるよ…0だもん…」

みずき「そう、変わってるわね。」

聖「先輩もあまり非常識な言動は避けた方が良いぞ」ごっくん

パワプロ「うん……」

5: 名無し 2015/09/14(月)21:37:40 ID:nLW

あおい「おはよー」ガチャ

聖「おはよう、先輩聞いてくれ、みずきが!」

みずき「先輩、私の言い分を聞いてください、聖が!」

~少女説明中~

あおい「なるほど、それはどっちもおかしいよ」

パワプロ「うん、そうだね。」

あおい「どっちにもそれぞれ良さがあるのに片方しか認めないなんて駄目だよ!」

パワプロ「やっぱりな(レ)」

6: 名無し 2015/09/14(月)21:39:26 ID:nLW

あおい「いい?生は履いていた時のにおいや味を直で楽しめる分、威力も高いけど、なくなるのも早いし持続力はないよね?」

聖「た、確かに…」

あおい「一方おぱんティーは確かに、長く楽しめるけど聖の言うように生で食べるときの臨場感はなくなるし、出し殻のパンツがただのパンツに成り下がるデメリットはあるよね」

みずき「うーむ」

あおい「それぞれに、メリットデメリットがあるんだから、お互いを尊重し合っていった方が、ボクは良いと思うんだ」

みずき「なるほど!」

聖「先輩!私感動したぞ!」うるうる

あおい「じゃあ、仲直りのしるしに、私のとっておきのパワプロ君の昨日のパンツをふるまうわ、みずきはこれを半分使ってお茶を煎れて、聖は残りの切り分けをお願い」

みずき「わかった。最高のおぱんティーを煎れるわ」ダッ

聖「私も、きっちり三等分にするぞ、もちろん不公平のないように部位ごとの配分にする」

パワプロ「あのさぁ、練習しない?」

9: 名無し 2015/09/14(月)21:41:39 ID:nLW

あおい「パワプロ君、パンツは鮮度が命なんだよ?練習何てやってられないでしょ?」

パワプロ「でも、そう言って、昨日も一昨日もというか一週間以上練習してないよね?」

聖「まぁ、そうかもしれないが。おパンツの魅力の前ではあらゆるものが無力だからな」カチャカチャ

みずき「だいたい、パワプロ先輩も悪いのよ、毎日パンツ履き替えたりするから、こうなるんじゃない」こぽこぽ

パワプロ「…逆に履き替えなかったら、『なんて、扇情的フレグランスを振りまくのよ!誘ってるの!』って言って三人がかりでパンツ脱がせて、焼き肉(パンツ)始めたじゃないか…」

聖「何日同じパンツ履いてもにおいが発生しない体質になれないパワプロ先輩が悪いのだ」せっせ

パワプロ「もういいや…、僕だけでも素振りしてくるよ」

10: 名無し 2015/09/14(月)21:43:47 ID:nLW

矢部「遅れたでやんす~!」

パワプロ「ああ、矢部君おはよう。今日も全裸なんだね…」

矢部「おいら、繊維アレルギーで女の子の前では全裸じゃないと蕁麻疹が出るんでやんす…」

パワプロ「そっか…」

みずき「ちょっと、矢部先輩汚いもの見せるんじゃないわよ!」バット ブン

矢部「や、やめるでやんす!おいらのバットは女の子のミットに収まるためのものでバットちゃんばらするためのものじゃないでやんす」

聖「なら、そのボールは打って問題なかろう」カキーン

矢部「」バタン

パワプロ「はぁ…練習しよ」ガチャ

11: 名無し 2015/09/14(月)21:45:51 ID:nLW

~練習場~

パワプロ「フンっ フンっ フンっ」ブンブン

ほむら「パワプロ君、お疲れさまっす!」

パワプロ「ああ、ほむらちゃんお疲れさま、今来たの?」

ほむら「ずっといたっすよ。ただ、パワプロ君の練習風景やら寝起きやらを撮影してたら遅くなっちゃったっすよ。」

パワプロ「そっか…ほどほどにね…」

ほむら「あ!ところで、パワプロ君も観るっすか?ほむらのメイキングビデオ!自信作っすよ!これなんか合成でほむらとパワプロ君のからみもあるっス」

パワプロ「…遠慮しておくよ…。ところで、太刀川見なかった?」

ほむら「ひろピーっすか?ひろピーならあっちの方で投げ込みしてたっすよ」

パワプロ「ありがとう、一緒に練習してくるよ」

ほむら「了解っす!ほむらは、パワプロ君のことずっと撮影しながら盗聴してるっス。」

パワプロ「うん…」

12: 名無し 2015/09/14(月)21:47:32 ID:NzX
ここまでドラえもんなし

13: 名無し 2015/09/14(月)21:49:29 ID:nLW

~練習場東~

太刀川「はっ」シュッ バシン

パワプロ「おーい、太刀川、一緒に練習しないかー」

太刀川「パワプロ、うん良いよ!やろうやろう」

パワプロ「ああ、太刀川は普通で嬉しい…」じーん

太刀川「ああ、また、あの六人に振り回されてたのかー。まぁ、皆、悪気があるわけじゃないんじゃないかな」

パワプロ「もう、咎める気も無いからせめて練習はしてほしいな…」

太刀川「まぁまぁ、私が付き合ってあげるから機嫌直してよ」

パワプロ「太刀川…なんていいやつなんだ…そんな太刀川が僕は大好きだよ」じーん

太刀川「そんな///大好きだなんて///とにかく、さっさと練習始めよう///」

15: 名無し 2015/09/14(月)21:50:56 ID:nLW

~練習後~

全員「お疲れさまでしたー!」

聖「先輩のパンツに対する理解はやはり素晴らしい、どうだろうか今日もこの後、どこかでパンツ談義をしないか?」

みずき「いいわね、当然私も参加するわ」

あおい「ふふ、いいよ。でも手加減しないから覚悟してよね」

矢部「あ、それなら、お茶うけにおいらのバナナをたb…」

みずき「…」ブン カキーン

矢部「」バタン

パワプロ「…帰ろう……」スタスタ

16: 名無し 2015/09/14(月)21:52:54 ID:nLW

~パワフル高校 寮~

パワプロ「さっさと部屋に帰って今日はもう休もう…」ガチャ

氷上「おかえりなさい、パワプロ君」

パワプロ「ただいま、部活に来てないと思ったらここにいたんださとりちゃん…」

氷上「ん。一応マネージャーの仕事は済ませてきたわ。でも、旦那様の為にご飯を作っておかないといけないから」

パワプロ「そうなんだ、大変だね。僕は今日はマン喫に泊まるよ。」

氷上「そう、パワプロ君はマン喫プレイがいいのね。壁も薄いのに、ふふ、変態ね」

パワプロ「そうなんだ、変態なんだ。用意するから外で待ってて」

氷上「ん。わかった」ガチャ バタン

パワプロ「さて、鍵締めて寝ようかな。その前に…」カチ

17: 名無し 2015/09/14(月)21:53:27 ID:IQv
で、ドラえもん要素は?

19: 名無し 2015/09/14(月)21:55:08 ID:nLW
>>17
少ししたら出る

18: 名無し 2015/09/14(月)21:54:56 ID:nLW

パワプロ「セ〇クスする人この指とーまれ」

ほむら「…」バッ

聖「…」バッ

あおい「…」バッ

みずき「…」バッ

パワプロ「もしもし警察ですか?」

20: 名無し 2015/09/14(月)21:55:31 ID:nLW

ほむら「おかしいっす!人をだますなんて卑怯っす!」

みずき「そうよ!せめて先っぽだけでも先っぽだけでも!」

あおい「パワプロ君がそんな人だと思わなかった…」

聖「まったくだ、うそつきは泥棒の始まりだぞ、変態先輩」

パワプロ「黙れ」

マタ オマエラカ! ナンカイ ホドウサレレバ キガスムンダ! キョウハ ミッチリ セッキョウ シテヤル!

バタン ファンファンファンファン

氷上「ああはなりたくないわね」

パワプロ「さとりちゃんも出てってね」

21: 名無し 2015/09/14(月)21:57:23 ID:nLW

~しばらくして~

パワプロ「よし、もう寝よう」

机の引き出し「ガタガタ」

パワプロ「!」

パワプロ「まだ、さとりちゃんが潜んでたのかな?ちょっといい加減に」

ガラガラ シュポン

ドラ「こんにちは、僕ドラえもんです」

パワプロ「もしもし?警察ですか?ええ、新手のがもう一人…」

ドラ「ショックガン」ビリビリ

パワプロ「ぷぎゃああああああ」ビリビリ

22: 名無し 2015/09/14(月)21:57:48 ID:BzJ
おもろいやんけ!
期待してるで

23: 名無し 2015/09/14(月)21:59:08 ID:nLW

ドラ「落ち着いて。僕は怪しいものじゃないよ」

パワプロ「いきなり、変な銃ぶっ放しておいて、怪しくないもあるもんか」

ドラ「……」スッ ビリビリ

パワプロ「ぴょおおおおおお」ビリビリ

ドラ「落ち着いて聞いてほしいんだ。僕は二十二世紀から来た猫型ロボットドラえもん!君を助けるために来たんだ!」

パワプロ「二十二世紀では初対面に銃ぶっ放す世の中なのか、どんな世紀末だ」

ドラ「……」スッ

パワプロ「ひっ…なんでもないです」ビクビク

24: 名無し 2015/09/14(月)22:00:52 ID:nLW

ドラ「僕は未来を変えるために過去にやってきたんだ」

パワプロ「なんで?」

ドラ「実はこのままだと君の野球チームは地方初戦で負けて、君はプロ野球選手に成れず、高卒で事業を立ち上げてそれで大成功、莫大な富を築いて財閥を作り、政界へのパイプを使って日本を裏社会から牛耳るようになるんだ」

パワプロ「何の問題もないじゃないか」

ドラ「だから僕はそれを阻止するために君の政敵に雇われて二十二世紀からやってきたお助けロボットなんだ」

パワプロ「阻止するのに、お助けってすごい」

ドラ「……」スッ

パワプロ「ナンデモナイデス」ビクッ

25: 名無し 2015/09/14(月)22:03:31 ID:nLW

ドラ「とにかく君がプロ野球選手になれば問題ないから、僕が甲子園優勝できるようにサポートするよ」

パワプロ「えー、裏の顔役の方がもうかりそうなんだけど」

ドラ「忘れトンカチー(物理)!これで殴り続けるとすべてのことを忘れて、来世に行ける」ババーン

パワプロ「ワーイ、プロヤキュウセンシュニ、ナレルナンテ、ウレシイナ」

ドラ「わかってもらえたならうれしいよ。じゃあ、早速これ、」

ドラ「もしもボックス~!」ばばーん

ドラ「このもしもボックスで『もしも野球部マネージャーがドラえもんだったら』って言うんだ」

パワプロ「えー、いっそ、もしも甲子園優勝ができたらでいいんじゃないの?」

ドラ「それじゃ、僕が面白くない」

パワプロ「いや、仕事で来てるのに面白いも面白くないも…」

26: 名無し 2015/09/14(月)22:04:37 ID:nLW

ドラ「たけコプター!この刃の部分を体に当てると簡単にひき肉ができる」

パワプロ「もしも、野球部マネージャーがドラえもんだったら」キリッ

ドラ「よし、これで僕は君の学校の正式なマネージャーになったから、よろしく」

パワプロ「ふーん、じゃあ、さとりちゃんと一緒にマネージャーするのかな?」

ドラ「そういうことになるね」

パワプロ「回りくどいけど、まあいいや宜しく。」

ドラ「うん、じゃあ、今日からこの押入れが僕の部屋だからよろしくね」

パワプロ「ああ、まぁいいよ、衣服入ってないし」

27: 名無し 2015/09/14(月)22:06:32 ID:nLW

ドラ「服に興味ないの?」

パワプロ「僕より僕の服に興味ある人間が全部もってっちゃったから」

ドラ「ふーん、変な人だね」

パワプロ「おまえもな」

ドラ「……」スッ びりびり

パワプロ「んぎもぢいいいいいいいいいいい」ビリビリ バタン

第一話 終了

28: 名無し 2015/09/14(月)22:07:11 ID:nLW

第二話
~朝 パワプロ部屋~

チュンチュン ピンポーン

パワプロ「ううん」むにゃむにゃ

ピンポーン ガチャ

太刀川「パワプロー、迎えに来たよー。やだ、なんてところで寝てるの」

パワプロ「あれ、太刀川おはよう」

太刀川「おはようって…今何時だと思ってるの?もう登校時間だよ?」

29: 名無し 2015/09/14(月)22:09:30 ID:nLW

パワプロ「え?ヤバイ…」

太刀川「もう、手伝ってあげるからすぐ支度して」

ドラ「うーん、うるさいな」ガラっ

太刀川「あ、ドラえもんおはよう」

パワプロ「あ、そうかお前いたんだ」

ドラ「お前?」スッ

パワプロ「ドラえもんイタンダ」

ドラ「昨日疲れてたみたいでパワプロ君床で寝ちゃったからね。覚えてないのも無理ないね」

30: 名無し 2015/09/14(月)22:11:30 ID:nLW

パワプロ「なぁ?ドラえもん、太刀川がドラえもんの事知ってるみたいなんだけど」ヒソヒソ

ドラ「そりゃ、野球部のマネージャーだからね知ってても当然だよ」ひそひそ

パワプロ「もしもボックスの影響はそういうのにも及ぶのか…」

太刀川「ほらほら、二人とも顔洗って!すぐ出るよ!」

二人「はーい」

31: 名無し 2015/09/14(月)22:13:02 ID:nLW

~通学路~

ドラ「ふぅ、学校に通うのは面倒だなぁ」

パワプロ「だから、あの時、甲子園優勝にすればよかったのに」

ドラ「それじゃ面白くないじゃない。過去で好き勝手出来るのにさ」

パワプロ「もしもし、タイムパトロールですか?」

ドラ「空気砲!これをゼロ距離で顔面に打つと顔が変形する」

パワプロ「嘘です。ごめんなさい。」

太刀川「ほらほら急ごう!」タッタッタ

32: 名無し 2015/09/14(月)22:14:57 ID:nLW

聖「皆、おはよう」

パワプロ「ああ、聖ちゃんおはよう」

聖「ん!?んんん?パワプロ先輩のパンツからとてもふくよかでフレグランスな香りが」クンクン

聖「ペロ、これは、昨日パンツを履き替えてない尻の味だ!」ぺろぺろ

パワプロ「ちょっと、聖ちゃんやめてよ」

聖「そういうわけにはいかない!これは、素晴らしいものだ!これは手に入れねばなるまい!」ハァハァ

パワプロ「ちょ、脱がそうとしないで!」

太刀川「あわわわわ///」

パワプロ「ちょ、ドラえもんなんとかして!」

ドラ「え?イチャイチャしてるのを何とかしろって?君のけつにショックガンでもぶち込めばいいのかな?」

パワプロ「やめてください、死んでしまいます」

ドラ「冗談だよ。しょうがないなぁ」ごそごそ

ドラ「N・Sワッペン!これを張り付けると同じ極同士は反発し合い、違う極同士は引かれあう」

33: 名無し 2015/09/14(月)22:17:59 ID:15P
凄い…いい意味で更にひどくなってる(白目)
腹筋鍛えられてええでええで
パワ松の諦め具合も大好きや

34: 名無し 2015/09/14(月)22:18:24 ID:nLW

ドラ「このワッペンのNを二人ともに付けると」

聖「ぎゃああ」びゅーん

ドラ「という具合に離れる」

パワプロ「なるほど、初めてドラえもんが役に立ったよ。ただの粗大ごみじゃなかったんだ」

ドラ「……」ペタペタ S極を張りなおす

聖「うひょおおおお」ビューン ペタッ

パワプロ「ちょ、くっついて離れない!」

聖「パワプロ先輩の洗ってないからだ洗って体」ぺろぺろ

太刀川「ちょ、ちょっと!二人とも離れてよ!」ぐいぐい

聖「うほおお、パワプロ先輩のうなじ、パワプロ先輩のうなじ」ぺろぺろ

パワプロ「ごめん!ごめんってドラえもん!なんとかして!」

ドラ「しょうがないなぁ、また同じ極に貼りなおすよ」ペタッ

35: 名無し 2015/09/14(月)22:21:33 ID:nLW

聖「すれ違い通信んんんんん」ビューン

パワプロ「よし!今の内に急ごう!」ダッ

~学校~

パワプロ「はぁ、なんとかここまで来れた…」はぁはぁ

太刀川「時間ぎりぎりだったね」はぁはぁ

ドラ「とりあえずワッペンはもうはがすよ」べり

あおい「あ、皆おはよう」

みずき「おはよー」

パワプロ(まずいこの状況でこの二人は完全にまずい!何か手を打たないと!)

パワプロ「ドラえもん、この二人にもさっきみたいな目にあわされるかもしれないんだ!なんとかして!」

ドラ「うーん、そんな助けてばっかりも出来ないんだけどしょうがないなぁ」ごそごそ

ドラ「どこでもドア!これでどこでも好きなところに行かれる」

パワプロ「それで?」

ドラ「この扉に入ればみんなから逃げられるよ!」ガチャ

パワプロ「よっしゃ!サンキュードラえmナイアガラぁぁぁぁぁぁぁぁぁあぁぁ」ダッ ヒュー

ドラ「ナイアガラの滝で体を洗えば臭いもなくなるでしょ」ごそごそ

あおい「何やってるんだろ?」

みずき「さぁ?」

第二話 終了

37: 名無し 2015/09/14(月)22:22:34 ID:nLW

第三話

~放課後~

パワプロ「死ぬかと思ったよ」ガタガタ

ドラ「むしろ良く死んでなかったね」

パワプロ「ほら、僕って日々色んな目にあってるから…」

ドラ「あんまりうらやましくはないね」

パワプロ「こんにちはー」ガチャ

39: 名無し 2015/09/14(月)22:23:01 ID:VCG
うーんこの畜生ドラ
ホントに助けに来たんですかね

40: 名無し 2015/09/14(月)22:26:16 ID:nLW

ほむら「あ、パワプロ君じゃないっすか!どうもっす!」

パワプロ「ああ、ほむらちゃん、おっす。」

ほむら「いやー昨日パワプロ君のせいで大変だったんすから。ほんとにめちゃくちゃ怒られたっすよ。」

パワプロ「自業自得だよね?」

ほむら「まあ良いっす。今日もばっちりパワプロ君を盗撮、盗聴するっすよ。」

パワプロ「うーん、練習してほしいんだけどなぁ。」

ほむら「ほむらにはもっと優先すべきことが有るっス。」

パワプロ「なんで、野球部入ったのさ…。」

41: 名無し 2015/09/14(月)22:30:04 ID:nLW

あおい「こんにちはー」ガチャ

みずき「こんちゃー」ガチャ

聖「こんにちはだぞ」ガチャ

パワプロ「こんにちはー、今日も練習頑張ろう!」

あおい「だから、私として歯ブラシはただパワプロ君が使った後に自分も使うだけじゃなく、それでオ〇ニーをした後に洗わないで元の位置に戻しておくのもありだと思うんだ」

聖「確かにそれなら、悪くないな、ならお尻の穴に入れて戻すのもアリだな」

みずき「素晴らしいわ。今度学会で発表しましょう」

42: 名無し 2015/09/14(月)22:31:00 ID:d3O
お尻の穴は滅茶苦茶痛いからやめたほうがええで

43: 名無し 2015/09/14(月)22:31:48 ID:nLW
>>42
なんで知ってるんですかねぇ(名推理)

44: 名無し 2015/09/14(月)22:32:49 ID:nLW

パワプロ「……ドラえもん、こんな調子なんだけど、皆を練習させる方法はないかな…」

ドラ「何で僕が」

パワプロ「いや!何のために来たんだよ!」

ドラ「冗談だよ。真面目に練習してもらわないと僕としても困るからね」ごそごそ

ドラ「フエールミラー!タイムふろしき!この鏡で映すと対象物が増えて、このふろしきで包むと時間が経過する」

パワプロ「それでどうするのさ」

ドラ「まず、君がさっきまで着てたパンツを出す」

あおい「!」クルッ

みずき「!」クルッ

聖「!」クルッ

ほむら「!」クルッ

氷上「パンツと聞いて」ガチャ

45: 名無し 2015/09/14(月)22:34:45 ID:nLW

ドラ「次にこのパンツをフエールミラーで増やして」ぽんぽん

ドラ「タイム風呂敷をかけると…」

ドラ「長い時間放置された君のパンツ(臭)の出来上がり!!」パンパかパーン

あおい「ふしゅううう」

みずき「ふしゃー」

聖「グルるるるる」

ほむら「ウーウー」

氷上「欲しい、頂戴」

パワプロ「なんか、皆欲しさに我を忘れて獣化してるんだけど…」

46: 名無し 2015/09/14(月)22:39:26 ID:nLW

ドラ「では、ここでオークションを開始します」

全員「!」

ドラ「セリでかけるの物は『練習日数』。より長く連続で練習するといった人にこのパンツをあげるよ。もちろん、だべったり撮影したりも無しね。」

ドラ「じゃあ、このパンツ一枚、練習一日から!」

あおい「一週間!」

みずき「十日!」

聖「二週間!」

ほむら「20日!」

氷上「一か月!」

あおい「二か月!」

みずき「三か月!」

聖「半年!」

ほむら「七か月っす!」

氷上「七か月半」

あおい「八か月!」

みずき「十か月!」

聖「残りの学生時間全部!」

47: 名無し 2015/09/14(月)22:40:52 ID:nLW

あおい「!」

みずき「!」

氷上「!」

ほむら「!」

聖「ふっふっふ、これで、先輩方には勝ったわけだ。なにせ私は後輩だから、どれだけ先輩たちが多く出そうとしても私とみずきより長く練習できないからな」

みずき「そ、そっか、私も残りの学生時間全部!」

聖「おっと、私が先に言った以上、みずきはそれより上じゃなきゃだめだが、残念ながら無理だな」ニッコリ

みずき「くっ」

氷上「そんな…」

ほむら「あんなお宝、みすみすあきらめるしかないなんて酷いっす…」

あおい「どうしたら…」

ドラ「じゃあ、この一枚は残りの学生生活全部を出した聖ちゃんに決定」カンカン

48: 名無し 2015/09/14(月)22:43:08 ID:nLW

聖「うっほっほーい!!」ムハー ムハー

四人「……」

ドラ「続きまして、二枚目以降のパンツだけど」

五人「!?」

ドラ「聖ちゃんと同だけ出すならそれぞれに売って上げるよ」ニッコリ

四人「買った!!!!」

ドラ「では、五人とも残りの学生生活真面目に練習に取り組むということで、オークション終了!」カンカン

49: 名無し 2015/09/14(月)22:45:34 ID:nLW

パワプロ「すごい……こんなあっさり、全員に練習の約束取り付けちゃった…」

ドラ「二十二世紀から来たからね」

パワプロ「二十二世紀はどんだけカオスなのさ」

ドラ「少なくとも使い古しのパンツを買う女子高生が集まる学校はないね」

パワプロ「未来は明るいね」

ドラ「僕は彼女たちの未来が明るいとは思えないな」

五人「……」クンカクンカスーハー

第三話 終了

50: 名無し 2015/09/14(月)22:45:35 ID:hNO

こういうバカエ☐好きだけど、やりすぎるとバカテスみたいになるから気を付けてな

まぁ好きなんで応援してるで

52: 名無し 2015/09/14(月)22:49:28 ID:nLW
>>50
バカテスをよく知らんけど ワイの目指してるのはどっちかというと
キチガイSSかクソSSやな

51: 名無し 2015/09/14(月)22:47:51 ID:nLW

第四話

氷上「じゃあ、皆の練習メニューを発表するわ」

氷上「橘さんはスタミナ練習、六道さんは筋力練習、太刀川さんと早川さんは変化球練習、星川さんは打撃練習、その他の人はこの表に従って」

氷上「あと、各練習にドラえもんとパワプロ君が付いて回るから困ったことが有ったら彼らに頼んで、以上」

モブ「あの…」

氷上「なに?質問?」

どうして「何故、氷上さんを含めて何人かが変態仮面みたいにパンツかぶってるんでしょうか?」

氷上「いまそれ、練習に関係ある?全体ミーティングなんだから関係ない質問しないで」

モブ「ご、ごめんなさい」

パワプロ(理不尽だ……)

53: 名無し 2015/09/14(月)22:52:25 ID:nLW

監督「じゃあ、各自練習開始」

全員「よろしくおねがいしまーす!!」

パワプロ「じゃあ、練習を始めようか」

みずき「言っておくけど、私はスタミナ練習好きじゃないわよ」

パワプロ「好きじゃないって、苦手なら克服しないと」

みずき「ドラえもんなら、ぱっぱとスタミナ上がる道具とかあるでしょう?出しなさい、早く」

ドラ「ショックガン」バリバリ

みずき「んほぉぉぉぉぉぉぉ」ビリビリ

ドラ「人にものを頼むときはお願いしますじゃないの?」

みずき「ふん、狸ロボの分際でえらs…んぎもぢぃぃぃぃぃっぃ」ビリビリ

ドラ「うほほwwwwwwwww」ビリビリ

パワプロ「そのあたりで止めて」

ドラ「大丈夫、ボロボロになってもお医者さん鞄で直すから」ビリビリ

みずき「いっちゃうにょおおおおおお」ビリビリ

パワプロ「いや、これ以上みずきちゃんに変な性癖つけてほしくないんだけど」

ドラ「それは。お医者さん鞄で直せないし仕方ないね」スッ

54: 名無し 2015/09/14(月)22:54:01 ID:nLW

みずき「あへぇ」ヒクヒク

パワプロ「とりあえず、スタミナを付けさせる方法だけど」

ドラ「適当にどこでもドアで山にでも置いてくればいいんじゃない?」

パワプロ「どうして、ドラえもんは未来のコンピューターなのにそんなに雑なのさ」

ドラ「僕は面白いこと以外は興味ないからね」

パワプロ「欲望に忠実なんだね」

ドラ「まぁ、面倒だしさっさと道具出そうかな」ごそごそ

ドラ「固い石!!これを使うと設定したことを設定した時間までやらないと石に殴られ続ける」ババーン

パワプロ「まあまともな道具だね。」

ドラ「じゃあ、セットして、行ってらっしゃい」カチッ

みずき「え」

固い石「……」ガツンガツン

みずき「痛い痛い!的確に後頭部のやわいところ殴ってくるんだけど」タッタッタッタ

パワプロ「みずきちゃんもあれでちょっとは真面目に走るかな、ちなみにどのくらいにセットしたの?」

ドラ「十二時間」

パワプロ「え?」

ドラ「さあ、次の練習見に行こう」

パワプロ「……ま、いっか!」

55: 名無し 2015/09/14(月)22:56:30 ID:nLW

パワプロ「次は聖ちゃんか」

聖「よろしく頼むぞ」

ドラ「聖ちゃんは筋力練習だし、普通にバーベル上げとかすればいいんじゃない?」

パワプロ「そんな適当な……」

ドラ「はいはい、道具出せばいいんでしょ、わかりました、わかりました」ごそごそ

聖「いや、私は必要ないぞ」

パワプロ「え?良いの?」

聖「ああ、もともと、筋力の付け方を間違えていないか見てほしいだけだからな」

ドラ「出すなと言われると出したくなる、男心」ゴソゴソ

矢部「まったくでやんす」ボロン

聖「チェスト―」カキーン

矢部「」ドサッ

56: 名無し 2015/09/14(月)23:00:28 ID:nLW

ドラ「じゃあ、これ、デスソース」

パワプロ「なにそれ?普通のデスソースに見えるけど」

ドラ「うん、道具出さなくてもいいみたいだし、僕は矢部君のアナルとデスソースで遊んでるよ」

パワプロ「ほどほどにね」

ドラ「うん」

57: 名無し 2015/09/14(月)23:01:49 ID:nLW

アッー!

パワプロ「じゃあ、筋力練習始めてみて」

ヤメルデヤンス! アバレンナヨ! アバレンナヨ!

聖「わかった、よいしょっと、ふん、ふん、ふん」

ナニスルデヤンスカ! ヨツンヴァイニナルンダヨ アクシロヨ!

パワプロ「ああそこ、変なところに力入れ過ぎ」

ウウモウ ハイラナイデヤンス! シッカリシメトケヨ テメェノケツヲヨ!

聖「あ、なるほど、こういうことか」

モウモレルデヤンス トイレニ・・・ イヌガトイレツカウノカ? ココデシロ

パワプロ「そうそう、酷使し過ぎても駄目だけどある程度の負荷は必要だからね」

イヤ ソンナコトハ デキナイデヤンス! ナラ イヌノ マネシタラ カンガエテ ヤルヨ

聖「もう少し、重くしてみるのはどうだろうか?」

ワ ワン! ワン! ナンカタンネェヨナァ

パワプロ「うーん、今はそれよりも、バランスよく力を付けた方が良いと思うよ」

ソウダ オマエ オレノケツノアナデションベン シロ ヤッタアアアアアアアアアアアアア!

聖「なるほど、じゃあ、もう三セットやってみるぞ。」ガシャ ガシャ

アア ドラエモンノナカ アッタカイ・・・ オナカニ ズンズンキテルヨォ

パワプロ「うん、いい感じだね、僕たちは別の練習見に行くけどそのまま続けててね」

モウ イクデヤンス! ボクモイクゥゥゥゥゥゥウ!

聖「わかった」

パワプロ「ドラえもん次行くよ」

ドラ「うん、わかったよ」

59: 名無し 2015/09/14(月)23:03:45 ID:743
たっちゃんがこのss最後の良心…であってほしい…

60: 名無し 2015/09/14(月)23:04:25 ID:nLW

パワプロ「次は太刀川とあおいちゃんか」

ドラ「変化球練習だよね」

ドラ「僕がひろピー見てるから、パワプロ君はあおいちゃんをお願い」

パワプロ「うん、わかったよ」

61: 名無し 2015/09/14(月)23:06:27 ID:nLW

パワプロ「あおいちゃん調子はどう?」

ヤア ヒロピー     ア、ドラエモン

あおい「うん、いい感じだよ」

ボクジツハ ヒロピーノカタヲ ナオセル ドウグアルンダ   エ!? ホントニ!

パワプロ「でも、いまいち制球力がない感じだね」

オイシャサン  カバンッテイウンダケド  ヒロピー ト  オイシャサンゴッコシナイト イケナインダ     エ・・・ソレッテ・・・

あおい「うーん、自分としては悪くないと思うんだけど」

ダイジョウブ   ヘンナコトシナイカラ   ナオシタイヨネ?       ウ、ウン・・・

パワプロ「じゃあ、いう所に投げてみて、インロウ」

ナラ   イウトオリニシテネ マズ   ジョウハンシン  ハダカニナッテ      エ・・・デモ・・・

あおい「ホッ」シュッ バシン

アレ?   ナオサナクテイイノ?     ナオシタイケド・・・

パワプロ「アウトロウ」

フーン   ボクハベツニ    ドッチデモイイケドネ    ・・・デモ

あおい「はい」シュッ バシン

ナオセバ  モット  パワプロクンノ  ヤクニタテルヨ?    パ・・・パワプロクンノ・・・

パワプロ「インハイ」

ホラ ジャア ゼンラニナッテ     エ・・・サッキハ ジョウハンシンッテ・・・

あおい「よっと」シュッ バシン

ボクノ キゲン ソコネテイイノカナ?     ウウ・・・パワプロクン・・・

パワプロ「あ、ちょっと待っててね」

62: 名無し 2015/09/14(月)23:10:54 ID:nLW

オラァ! ドラエモン オウジョウセエヤ!   ウギャー! バタリ   パ、パワプロクン!

パワプロ「あ、ただいま。やっぱり、若干球が浮いてるね。ひじをもう少し伸ばし切った方が良いよ」

あおい「なるほど!意識して投げてみるね!」

パワプロ「うん、じゃあ、僕は太刀川のところ行ってくるよ」

あおい「はーい」

63: 名無し 2015/09/14(月)23:13:01 ID:nLW

ドラ「」ちーん

パワプロ「太刀川大丈夫だった?」

太刀川「う、うん。ありがとう///」

パワプロ「まったく、ドラえもんにも困ったもんだよ」

太刀川「……」

パワプロ「とにかくドラえもんには後できつく言っておくから、許してy」

太刀川「あのさ…」

パワプロ「ん?」

太刀川「そのお医者さん鞄って道具を使えば、私の肩治せるんだって……」

パワプロ「へえ、それは良いね!」

太刀川「でさ、あの、その道具使うにはお医者さんごっこする必要があってさ…何というか、ドラえもんじゃまた何するかわかんないし、できればパワプロにやってほしいな…なーんて///」

パワプロ「え?良いけど」

太刀川「ほ、ほんとに!じゃ、じゃあ、部室に来て…流石にここだと恥ずかしいから、私も一応、女の子だしさ///」

パワプロ「わかった、じゃあ行こうか」

ドラ「」ちーん

64: 名無し 2015/09/14(月)23:16:28 ID:nLW

~部室~

太刀川「ここなら誰もいないね…」

太刀川(どうしよう!心臓がすっごい鳴っちゃってる///)ドックン ドックン ドックン

パワプロ「次の練習見に行かなきゃだし、じゃあさっさとやろうか」

パワプロ「えーっと、これを開いて こうかな、じゃあ、聴診器当てるね」

太刀川「えっと、じゃあ、ブラも外すね///」パチッ

パワプロ「いや、いいよ、この道具、聴診器当てるだけでいいみたいだから」

太刀川「え」

パワプロ「ドラえもんに騙されたね、まあとにかくやるよ」

パワプロ「……」ぺたぺた

65: 名無し 2015/09/14(月)23:19:21 ID:nLW

カバン「コノオクスリデ スグニナオリマス」ちーん

パワプロ「はいじゃあ、これ飲んで」

太刀川「う、うん」ゴクゴク

パワプロ「何か変化有る?」

太刀川「えーっと、あれ?あ、肩の違和感が……なくなってる!」

パワプロ「そりゃよかったね」

太刀川「やった!やったよ、パワプロ!これで、野球がずっとできる!」ダキッ

パワプロ「おめでとうなんだけどさ……」

太刀川「ん?」

パワプロ「流石に上半身ブラで抱き付かれるとなんというか、困る」

66: 名無し 2015/09/14(月)23:21:32 ID:nLW

太刀川「あ///ご、ごめん!」バッ

パワプロ「まあ、良いけど、とにかく服着てね。今日はもう上がってお医者さん行ってみてもらうと良いよ」

太刀川「う、うん そうする…」

太刀川(ど、どうしよう!パワプロにこんな恰好でだきついちゃったよぉ!はしたない子って思われなかったかな///)

パワプロ(普段から全裸で風呂に待機されたり、全裸で蒲団に待機されたりして女の子の裸は見慣れてる気がしてたけど、太刀川はなんというか恥じらいがあってこっちまで恥ずかしくなるな///)

パワプロ「じゃあ、僕もう行くから」

太刀川「あ、あのさ、ドラえもんから守ってくれて有難う…///」

パワプロ「…どういたしまして///」ガチャ バタン

パワプロ「さ、次はほむらちゃんだな」

67: 名無し 2015/09/14(月)23:24:32 ID:nLW

パワプロ「ほむらちゃん、調子はどう?」

ほむら「あ、パワプロ君っすか!やっぱり打撃はちょっと苦手っす。」

パワプロ「ちょっと、振って見せて」

ほむら「えっと」ブン ブン

パワプロ「うーん」

ほむら「どうっすか?」

パワプロ「フォームに問題はないみたいだから、やっぱりパワーの問題みたいだね」

68: 名無し 2015/09/14(月)23:26:38 ID:nLW

ドラ「そんなときにはこれ!」ごそごそ

ドラ「パワーグローブ!!」

パワプロ「ドラえもん生きてたんだ」

ほむら「なんっすかこれ?」

ドラ「これを装着すると、パワーが跳ね上がるんだ」

ほむら「でもそれって、ほむらのパワーを上げることにはならなくないっすか?」

ドラ「あ」

パワプロ「あ、って……」

ドラ「ほらあれだよ、えっと、パワーが付いた時のイメージ訓練にさ。とにかく付けてみて」アセアセ

ほむら「わかったッス」付け付け

パワプロ「まぁそういうことなら確かに使えなくないかも」

ほむら「なんにしてもさっすがドラえもん!役に立つっス!」ドン

ドラ「ぎゃあああああああああ」メメタァ

パワプロ「」

ほむら「」

70: 名無し 2015/09/14(月)23:28:26 ID:nLW

パワプロ「ほむらちゃんがちょっと触ったら……」

ほむら「ドラえもんの頭が真っ二つになったッス…」

ドラえもんだったもの「」ビクンビクン

パワプロ「そのグローブ危ないから取ろうか…」

ほむら「そうッスね…」

青いなにか「」ビクンビクン

第四話 終了

71: 名無し 2015/09/14(月)23:29:31 ID:y3e
本物とちょっとだけ変えとるんかな?
ワイが知ってるんは
固い石→強い石
パワーグローブ→パワーてぶくろ

74: 名無し 2015/09/14(月)23:32:28 ID:nLW
>>71
パワーてぶくろは間違えただけ 固い石はググった先が間違ってたみたいやね
wiki参考にすべきやったで

76: 名無し 2015/09/14(月)23:35:58 ID:y3e
>>74
そうなんか、ワイは小学生時代にビデオで何度も見たから懐かしいなぁ~と思いながらみとったで
このまま頑張るんやで

73: 名無し 2015/09/14(月)23:32:09 ID:Y4T
ドラちゃんキャラ崩壊し杉内

75: 名無し 2015/09/14(月)23:33:50 ID:nLW

第五話

~一週間後~

監督「今日の練習はここまで!」

全員「ありがとうございましたー!」

~下校道~

パワプロ「ドラえもんが来てから一週間たったけど、みんないい感じだね」

太刀川「うん!私の肩も医者に行ったら完全復活だって言われたし、今年はいけるかもね!甲子園!」

パワプロ「甲子園に行くだけじゃなく、ちゃんと優勝しないとね」

太刀川「あはは、期待してるよパワプロ!じゃあ、あたしこっちだからまた明日!」タッタッタ

パワプロ「うん、またね」

77: 名無し 2015/09/14(月)23:36:49 ID:nLW

~パワプロ高校 寮~

パワプロ「ただいま」ガチャ

ドラ「おかえり」もぐもぐ

パワプロ「先に帰ってたんだドラえもん」

ドラ「家にどら焼きがあったからね」もぐもぐ

ドラ「パワプロ君ってどっかに寄ったりしてこないの?」もぐもぐ

パワプロ「うーん、ロードワークが有ったりするから何だかんだ寄り道はしないね。矢部君とたまにゲーセンいくぐらいかな」

ドラ「全裸で?」もぐもぐ

パワプロ「矢部君はね」

ドラえもん「矢部君って、家でも全裸なの?」もぐもぐ

パワプロ「矢部君の話だと家族全員全裸だって言ってたよ。お姉ちゃんも」

ドラ「どら焼き食ってる場合じゃねぇ!」

78: 名無し 2015/09/14(月)23:39:34 ID:nLW

ドラ「えーっと」ごそごそ

ドラ「尋ね人ステッキ!これが倒れた方向に探してる人がいる!(的中率70%)」ババーン

ドラ「矢部君のお姉さん!矢部君のお姉さん!」

ステッキ「→」コロン

ドラ「おっしゃああああああああああああ!たぎってきたあああああああああ!」

ドラ「じゃあね!」ガチャ バタン

パワプロ「えっと、ステッキ置いて行っちゃったけどまあいっか」

79: 名無し 2015/09/14(月)23:41:45 ID:nLW

パワプロ「このステッキせっかくだし、使ってみようかな」

パワプロ「でも、誰を探したらいいんだろう、うーん」

パワプロ「そういえば、女の子たちはいつも寄り道するって言ってたし、どこに行ったのか探してみようかな。」

パワプロ「まあじゃあ、とりあえず、ぱっと浮かんだほむらちゃんでも探そう」

ステッキ「↓」コロン

パワプロ「後ろか、というか部屋でないと壁すり抜けられるわけでもなかったから意味なかったな。」

パワプロ「後ろには、クローゼットがあるだけだし」

パワプロ「……」

パワプロ「……」ガチャ

ほむら「あ」

ファンファンファンファン ヒドイッス! イイカラコイ マタセッキョウダ!

パワプロ「違う用途としては便利かもしれない」

80: 名無し 2015/09/14(月)23:44:57 ID:nLW

パワプロ「とりあえず、外に出て考えよう」

~パワフル高校 寮 前~

パワプロ「とりあえず、この辺りで使ってみようかな、じゃあ、次はさとりちゃんでも探そう。」

パワプロ「ちょっと、占い師っぽく目を閉じて」スゥッ……

パワプロ「さとりちゃんを思い描いて、立てると!」カっ

氷上「パワプロ君の使ったステッキでオ〇ニー、パワプロ君の握った竿でオ〇ニー」ハァハァ

パワプロ「」

81: 名無し 2015/09/14(月)23:47:44 ID:nLW

パワプロ「サカリちゃん何してるの?」

氷上「ナニしてるの」

パワプロ「そういうことじゃなくて」

氷上「だって、自分の好きな人がバイブみたいなものを持ってたら使いたいと思うのが人情でしょ?」

パワプロ「そうかなぁ…」

氷上「で、こんな往来でどんな卑猥なことをパワプロ君はしようとしてたの?」

パワプロ「選択しそれしかないの?」

氷上「人間がやることなんて卑猥なことか、いやらしいことか、いかがわしいことか、破廉恥なことぐらいね」

パワプロ「結局Hなことなんだね…」

84: 名無し 2015/09/14(月)23:53:16 ID:15P
>>81
勝手に人間全てを酷い生き物にされとって草

82: 名無し 2015/09/14(月)23:49:17 ID:nLW

パワプロ「まあそれはともかく、このドラえもんの道具の尋ね人ステッキで、氷上さんがどこにいるのか探そうかと思って」

氷上「それって、ストーカー行為じゃないの?」

パワプロ「さとりちゃんには言われたくないなぁ」

パワプロ「まぁとにかくこの流れで、あおいちゃんやみずきちゃんが普段何してるのか確かめたくてさ」

氷上「止めた方が良いと思うわ」

パワプロ「なんで?」

氷上「パワプロ君が思ってる以上に女子って色々あるのよ。下手に詮索するとパワプロ君の中の女の子のイメージが崩壊するわよ」

パワプロ「これ以上壊れようがない気がするけど…」

氷上「行くなら私も行くわ。」

パワプロ「まぁなら一緒に行こうか」

83: 名無し 2015/09/14(月)23:51:02 ID:VCG
ナチュラルにサカリちゃんって呼んでて草
残当やけど

85: 名無し 2015/09/14(月)23:53:42 ID:hNO

バカテスは好きやったんやけど途中から暴力やらがしつこすぎてな…

サカリちゃんほんとすこ

86: 名無し 2015/09/14(月)23:54:16 ID:nLW

ステッキ「←」コロン

パワプロ「こっちか」てくてく

パワプロ「サトリちゃんは、皆がどこに行ってるか知らないの?」

氷上「さあ」

パワプロ「なんだそれ」

ステッキ「↓」コロン

パワプロ「こっちだ」

ステッキ「→」コロン

パワプロ「ここにいるみたいだね」

『パワ堂』

パワプロ「なんだ、皆で甘いもの食べに来たのかな」

87: 名無し 2015/09/14(月)23:57:47 ID:nLW

氷上「せっかくだし、一緒に入りましょう」グイ

パワプロ「う、うん」

~パワ堂~

パワプロ「店内でも食べられる構造になってるんだね。でも、見たところ皆いなそうだけど」

ウエイトレス「ご注文をどうぞ」

氷上「焼きプリン定食二つ」

ウエイトレス「お好みはございますか?」

氷上「強火でじっくり」

ウエイトレス「……かしこまりました、ご案内いたしますので奥の席へどうぞ」

パワプロ「なんで席替えさせられたんだろ」

氷上「こっちよ」ガタっ

パワプロ「う、うん」

88: 名無し 2015/09/14(月)23:58:49 ID:Y4T
ハンターハンターかな?

89: 名無し 2015/09/14(月)23:59:52 ID:nLW

~パワ堂 奥の間~

パワプロ「なにここ」

氷上「この階段の奥にVIPルームがあるの」

パワプロ「なにそれ」

氷上「私が見ない方が良いといった女の部分よ」

パワプロ「何でサトリちゃんはここ知ってるの?」

氷上「私は一度、連れてきてもらったことが有るから」

パワプロ(まさか、この下には…秘密の合コン会場<乱交もあるよ>とか気持ちよくなる葉っぱが売ってる人がいるとかなのかな……)

氷上「ついたわこの部屋よ」ギィィィィィ

パワプロ「こ、これは!」

90: 名無し 2015/09/15(火)00:01:09 ID:N2O

あおい「え!?さとりちゃんっと…パワプロ君!?どうしてここに!」もぐもぐ

みずき「ちょ、ちょっと、乙女の憩いの場に男子が入ってくるってどういうことよ!」もぐもぐ

聖「あまり見られたくないものを見られてしまったな……」もぐもぐ

パワプロ「すごい……お菓子がいっぱいだ……」

氷上「私が連れてきたのよ」ガチャン

パワプロ「なんで、南京錠かけたの?」

氷上「この部屋、会員か紹介された人以外は入れないから。間違って入られても困るし」ガチャガチャ

パワプロ「それにしても、すごい量、ケーキにプリンにきんつばになんでもあるね……」

あおい「うぅ、こんなに甘いものドカ食いしてるの見られちゃって恥ずかしい」もぐもぐ

聖「まぁ、パワプロ先輩なら許せるが」もぐもぐ

みずき「勝手に来たんだから幻滅とかしないでよね」もぐもぐ

92: 名無し 2015/09/15(火)00:05:42 ID:N2O

パワプロ「いや、今更こんなことぐらいで皆の評価(変態ストーカー)は変わらないよ」

氷上「そんなところに立ってないで、パワプロ君も座ると良いわ」もぐもぐ

パワプロ「さとりちゃんも、シュークリーム食べてる…」

パワプロ「じゃあ、失礼して僕も座ろうかな」

あおい「じゃあ、あの席に座ると良いよ。VIP席」もぐもぐ

パワプロ「え、いいの?」

みずき「いいのいいの、豪華すぎて誰も座ってなかったし」もぐもぐ

聖「ある意味、パワプロ先輩専用だからな」もぐもぐ

93: 名無し 2015/09/15(火)00:08:33 ID:N2O

パワプロ「じゃあ、座るね。それにしてもこんな地下にあるからてっきり、白い粉とか裏合コン大会とか怪しいこと考えちゃったよ」テクテク

パワプロ「でもお菓子なら、別に隠さなくてもよかったのに」よいしょ

みずき「ここはタチバナ財閥のお抱え部屋だからね。それにここのお菓子はすごいのよ」もぐもぐ

聖「ああ、食べてるとこう夢の様な気分になってきて、頭がすっきりするんだ」もぐもぐ

あおい「うんうん、それから頭がキ―ンっとなって、天国みたいな気分になるよね」もぐもぐ

みずき「私なんてこれ食べないと変なものが見えたり聞こえたりするぐらいよ」もぐもぐ

パワプロ「ん?」

94: 名無し 2015/09/15(火)00:09:05 ID:lou
(アカン)

95: 名無し 2015/09/15(火)00:09:48 ID:maQ
いかんでしょ

96: 名無し 2015/09/15(火)00:10:07 ID:N2O

パワプロ「なんかそれって危なくないかな?」

あおい「危ないって何?」もぐもぐ

パワプロ「いや、なんというかそのお菓子食べない方が良い気がするんだよね」

聖「私たちの心配をしてくれるはありがたいが、自分の心配をした方が良いと思うぞ」もぐもぐ

パワプロ「え?」ウィーン ガシャン ガシャン

パワプロ「あれ?なんか椅子に手足を固定されたんだけど……」

あおい「普段はパワプロ君グッズを持ち寄って、食べた後にみんなでわっほいするんだけど、今日はわざわざ本人が来てくれたしね」もぐもぐ

みずき「プリンを食べて天国気分の時にパワプロ先輩を自由にできるなんて、最高ね」もぐもぐ

氷上「……」もぐもぐ

パワプロ(アカン)

97: 名無し 2015/09/15(火)00:11:16 ID:N2O

聖「さて、いい感じで気分も乗ってきらしこっから楽しむぞ」アヘアへ

みずき「しょうね、ばっちりきまったし、こにょままパワプロせんぴゃいとことにおよびゃないと」あひょひょ

あおい「えへへ、パワプロくんぱわぷろくん」

氷上「……………………………………」もぐもぐ

パワプロ「」

パワプロ(逃げなきゃ)ガシャ ガシャ

パワプロ(無理だ……)ガシャ ガシャ

四人「へへへへへへへへへへへえへへへえへへえへへへへへへへえっへえっへへえっへ」

パワプロ「ひぇ……」

パワプロ「ど、ドラえもーーーーーーーーーーん!!」

98: 名無し 2015/09/15(火)00:12:08 ID:N2O

ガチャ

ドラ「あ、パワプロ君こんなところにいた!どこでもドアであちこち探しちゃったよ!」

パワプロ「ど、ドラえもん!」

ドラ「尋ね人ステッキ返して!」

パワプロ「返す返す!返すから、僕を助けて、四人を正気に戻して、ここから脱出させて!」

ドラ「いきなり三つもお願いって、僕はランプの精じゃないんだけど…仕方ないなぁ」ごそごそ

ドラ「違法改造ショックガン!!えい」びりびりびりびり

四人「んんんんいぐぅぅぅっぅぅぅ」ビリビリ

ドラ「分解ドライバー!!これを当てたらなんでも分解できる、これを椅子に、えい」

椅子「」ばらばら

パワプロ「助かったよドラえもん」

四人「」ぴくぴく

ドラ「四人を正気にって言われたけど、そもそもこの四人に正気なんてあるのかな」

パワプロ「……」

99: 名無し 2015/09/15(火)00:14:16 ID:N2O

ドラ「まぁとにかく、お医者さんかばん!!これで、体内にあるであろう、物質を出そう」ばばーん

かばん『測定中 この四人に薬物及び病気の反応なし』

パワプロ「え!?」

かばん『ただのプラシーボ効果』

パワプロ「」

ドラ「まああの四人だから大概普通じゃない脳みそしてそうだしなぁ」

パワプロ「じゃあ、この四人の脳に何か問題は?」

かばん『該当なし 普通の脳みそです』

パワプロ「普通だって!?駄目だこの機械壊れてるじゃないか!!」

ドラ「一理ある」

100: 名無し 2015/09/15(火)00:15:49 ID:N2O

ドラ「まあとにかく問題ないなら行こう、僕も矢部君のお姉さんを探さなきゃいけないし」

パワプロ「まだ探してたんだ」

ドラ「パワプロ君が勝手にステッキもってったからだよ」

パワプロ「はいこれ」

ドラ「よし、これで、改めて全裸美女を探せるぞ!!」

パワプロ「一応言っておくけど、矢部君のお姉さんが全裸っていうのは嘘だからね」

ドラ「え」

パワプロ「いや、まさか信じるとは」

ドラ「……」

ドラ「僕だけ、どこでもドアで帰るから四人と仲良くね」ガチャ シュワ~ン

パワプロ「え」

パワプロ「え」

四人「……」ユラリ

パワプロ「」

第五話 終了

101: 名無し 2015/09/15(火)00:16:54 ID:N2O
なんか体調悪いンゴ 次の話まで載せたら今日はいったん終わりンゴ すまんご

102: 名無し 2015/09/15(火)00:17:31 ID:N2O

第六話

~部室~

みずき「おなか減った!」

パワプロ「突然何?」

みずき「はぁ?先輩わかんないの?ほんと、パンツと歯ブラシと、使ったタオルと手あかと顔と存在そのものにしか価値のない先輩ね。」

パワプロ「けなしてるのか、褒めてるのかどっちなんだ……」

みずき「私がおなか減ったと言ったら、黙って何か持ってきなさいよ!気が利かないわね!」

パワプロ「いや、何も食べ物ないんだけど。」

みずき「ないなら買ってくる!一分待ってあげるからダッシュしなさい!ほら、59、58……」

パワプロ「わかったよ!買ってくるよ。しょうがないなぁ」ガチャ

103: 名無し 2015/09/15(火)00:21:42 ID:N2O

ドラ「あれ?パワプロ君どこ行くの?」

パワプロ「ああ、ちょうどいいところにいた、家にあるどら焼き食べていいからドラえもんなにか今すぐ食べられるものない?」

ドラ「君は僕を冷蔵庫か何かと勘違いしてるのかい?」

パワプロ「ほんとに、何でもいいんだよ。このままだと殺されかねないから!」

「あと三十秒切ったわよ!!」

ドラ「なんだかよくわからないけど、じゃあ、ほんやくこんにゃくと桃太郎印のきび団子で良ければ」

パワプロ「ありがとう!かえって好きにどら焼き食べていいよ!」ガチャ

ドラ「……なら、帰ってどら焼き食べようかな」スタスタ

104: 名無し 2015/09/15(火)00:24:22 ID:N2O

パワプロ「はい、みずきちゃんお待たせ」ガチャ

みずき「なにこれ?ダンゴはともかくこんにゃくはないでしょ。しかもこのこんにゃく何ににもくるまないで裸で渡すとか、私に裸に成れってこと!最高じゃない!」ハァハァ

パワプロ「もう何でもいいからさっさと食べて」

みずき「しょうがないわね。こんにゃくから食べるわよ」むしゃむしゃ

みずき「あら、みそ味でおいしい」

パワプロ「少しは満足した?」

みずき「うん!とっても満足!有難う!」

パワプロ「え」

みずき「え」

105: 名無し 2015/09/15(火)00:25:28 ID:N2O

みずき「う、うそ。私の本音がなんか伝わっちゃって、やだ!恥ずかしい///」

パワプロ「これはどういうこと?」

矢部「そういえば聞いたことが有る」

パワプロ「知っているのかやーべん」

矢部「ああ、ほんやくこんにゃくは本来言葉の通じない者同士が会話するための道具だが、みずきちゃんのツンデレもまた他言語のようにパワプロ君に通じていなかった…でやんす。
だから、ほんやくこんにゃくの効果でみずきちゃんの本音がわかるようになったんでやんす」

パワプロ「なるほど。ここまでくると誰だかわからないレベルだね」

みずき「そ、そんな!私はいつも素直になりたいけど素直になれないだけで……ほんとはパワプロ先輩に感謝してるの…って、いけない口を開くと墓穴を掘る!」

パワプロ「へぇ、そんな風に思っててくれたんだうれしいな」ニッコリ

みずき「やった!パワプロ先輩に喜ばれた、わーい、わーい」ニコニコ

パワプロ(だれだこいつ)

106: 名無し 2015/09/15(火)00:26:24 ID:mPO
ぐうかわ

107: 名無し 2015/09/15(火)00:30:19 ID:N2O

みずき「あのね、今日私寝坊しちゃってお弁当とお財布家に忘れちゃって…でも、すっごくおなかすいたからパワプロ先輩にお願いしちゃったの、えばって御免なさい…」

パワプロ「いや、いいよいいよ。じゃあ、まだおなかすいてるでしょ。はい、このお団子も食べていいよ」

みずき「わーい!有難う!嬉しいな!」ニコニコ

パワプロ(何だこの可愛い生きもの)

みずき「いただきまーす」もぐもぐ

パワプロ「そういえば、桃太郎印のきび団子ってどういう効果なの?」

矢部「単純に言えば食べさせた人間が懐くんでやんす」

パワプロ「え」

108: 名無し 2015/09/15(火)00:32:49 ID:N2O

みずき「わぁい!パワプロ先輩!私!パワプロ先輩大好き!」ダキッ

パワプロ「oh……」

矢部「まったく罪な男でやんす、さて、ここで問題でやんす、みずきちゃんを見ておいらの陰茎は角度が何度上昇したでsy……」

みずき「ぜろ~♪」カキーン!

矢部「エンッ?」ドサッ

パワプロ「こんな甘えモードでも釘バットで陰茎強打とは恐ろしい……」

みずき「先輩先輩!みずきのこと撫でて!撫でて!」スリスリ

パワプロ「こ、こうかな」なでなで

みずき「うわぁ、すっごく気持ちよくて、みずきとっても幸せ~。先輩大好き!」

パワプロ(素直で懐いたみずきちゃんってこうなるのか、可愛いけどちょっと幼いな……まぁいつもよりは良いか)

109: 名無し 2015/09/15(火)00:36:24 ID:N2O

太刀川「おいーっす」ガチャ

みずき「駄目!」

太刀川「え?え?」

みずき「ひろぴー入って来ちゃダメ!パワプロ君はみずきの物なの!」

太刀川「え、なに?何の話?」

みずき「いくらひろぴーがパワプロ君の事すk…」

太刀川「ワー///ワー/// だめ!それ以上言っちゃ!絶対ダメ///」

みずき「とにかく、先輩はこれからずーっと、みずきの物なんだから!ねー先輩」スリスリ

太刀川「パワプロ、これどういうことかな?」ギロリ

110: 名無し 2015/09/15(火)00:37:36 ID:N2O

パワプロ「いやぁ、それが、みずきにドラえもんの道具使ったらこうなっちゃってさ、素直で僕に懐いた状態になっちゃったんだ」

太刀川「ああ、なるほどね」

太刀川(二人が付き合いだしたとかじゃなくてよかった……)ホッ

パワプロ「これじゃあ、練習にならないし、僕はみずきちゃんに付き添ってるよ」

太刀川「そ、それは駄目!」

みずき「良いの!先輩はみずきと一緒なの!私たちラブラブだもんねー」ニコニコ

パワプロ「ははは、どうだろうね」

太刀川「と、とにかく、いくら道具の力とは言っても、不純異性交遊が行われる可能性がある以上、二人だけってわけにはいかないよ、うん」

みずき「そんなこと言って、ほんとはひろぴーが私みたいに甘えたいんd…」

太刀川「ワー///ワー/// と、とにかく!私もここに残るから!」

みずき「ぶー!二人っきりじゃなきゃヤダヤダ!先輩大好きだもん!ずっと一緒にいたいもん!邪魔されたくないもん!」

パワプロ(どうすんだこれ……)

111: 名無し 2015/09/15(火)00:40:03 ID:N2O

Prrrrr……

ドラ『もしもし』

パワプロ「あ、もしもしドラえもん?実は、かくかくしかじかで」

ドラ『あー、なるほどね。きび団子もこんにゃくもそれだけなら今日中に終わると思うよ。食べた量に比例して、持続時間が伸びるからね』

パワプロ「そうなんだ、わかったありがと」ピッ

みずき「ちょっと、ひろぴー何してるの!」

パワプロ「え?」

太刀川「……」もぐもぐ

パワプロ「ちょ、太刀川まできび団子食べたら!」

太刀川「パワプロ~、寂しいよぉ。」ダキッ

パワプロ「ちょっと!?太刀川!」

太刀川「太刀川じゃなくて、ひ・ろ・ぴーってよ・ん・で?」

パワプロ「いやだから、太刀川……」

太刀川「もう!ひろぴーって呼んでくれないと……こうだぞ!」チュッ

みずき「あー!あー!ひろぴーが!みずきの先輩にチューした!みずきもやる!みずきもやる!」チュー

パワプロ「ちょ、二人とも落ち着いて!」

112: 名無し 2015/09/15(火)00:41:08 ID:N2O
あ、一行抜けてるけど伝わるから ま、いっか!

113: 名無し 2015/09/15(火)00:41:43 ID:N2O

パワプロ「はぁ、なんとか収まった……」

太刀川「パワプロ~」スリスリ

みずき「せんぱ~い」スリスリ

パワプロ「とにかく、今日の部活もそろそろ終わりだから二人とも送っていくよ」

みずき「やだ!今日は先輩の部屋に泊まって先輩のにおいに包まれて寝なきゃやだもん!」

パワプロ「無茶言わないでよ、うちの寮は女子禁制なんだよ?」

太刀川「私も!私も!今日はパワプロにギュってしてもらって寝るんだ~♪」

パワプロ「はぁ、どうにかして……」

114: 名無し 2015/09/15(火)00:42:32 ID:lou
ドラえもんほんへみたいに つながりの薄い小話をつづける感じかな

116: 名無し 2015/09/15(火)00:43:27 ID:N2O
>>114
大筋は甲子園優勝やけど小話が結構入る感じやね
ぶっちゃけ行き当たりばったりやで

115: 名無し 2015/09/15(火)00:42:52 ID:N2O

~パワフル高校 寮 パワプロ部屋~

パワプロ「とりあえず、連れてきたんだけど、ドラえもんどうにかする方法ない?」

ドラ「そうだなぁ。僕に思いつくのは独裁スイッチでパワプロ君を消すことぐらいかなぁ」

パワプロ「止めてよ」

ドラ「帰ってくるなり両腕におんな抱えて困ってるなんて言われて腹が立たないやつはいねぇ!」

パワプロ「とにかく、何か手を考えてよ」

ドラ「うーん、そうだなぁ……。じゃあ、睡眠薬で二人を眠らせて……」

みずき「ドラえもんにこれあげる」つ十万円

ドラ「僕は今夜はどこか別のところに行くからみんなでご自由に。後この二つは選別に置いておくよ」キリッ

117: 名無し 2015/09/15(火)00:44:25 ID:N2O

『コンドーム』 『眠らなくても疲れない薬』

パワプロ「おい」

ドラ「ちなみに、薬の方は劇薬だから女の子に飲ませれば、ピルの代わりになるんで二十二世紀では重宝されてて……」

みずき「やだ!私、先輩の赤ちゃんほしい!」

太刀川「私も欲しい!」

ドラ「おっと、この二つは無用の長物だったようだ。じゃあ、僕はこれで。」

パワプロ「おい、ドラえもんどこいくの!?」

ドラ「ちょっと、恋人に会いに行ってくるよ……」

パワプロ「それってミーちゃんの事?」

ドラ「ううん、まりんちゃんって言うんだ…」

パワプロ「パチ〇コじゃねぇか」

ドラ「じゃあ、ごゆっくり~」ガチャ バタン

118: 名無し 2015/09/15(火)00:46:24 ID:N2O

みずき「先輩!好き好き!大好き!」スリスリ

太刀川「パワプロの部屋でずっとこうしてたかったんだぁ~」スリスリ

パワプロ「ところで、二人ともおなか減らない?何か食べたいものない?」

みずき「パワプロ君のソーセージ!」

パワプロ「あ、変態なところは変わってないのね」

太刀川「じゃあ、私が作ってくるよ。」

みずき「じゃあ、私は先輩に甘えてる~」チュッチュ

太刀川「こら!みずきも一緒に行くよ!」

みずき「やだ!」

パワプロ「わがままは健在だなぁ。いいや、僕も一緒に作るよ」

みずき「え、え、パワプロ先輩が一緒なら私も行く!」

119: 名無し 2015/09/15(火)00:47:34 ID:N2O
おっと修正
みずき「パワプロ君のソーセージ!」

みずき「パワプロ先輩のフランクフルト!」

120: 名無し 2015/09/15(火)00:48:15 ID:N2O

パワプロ「何作ろうか?」

太刀川「私パワプロのおにぎりが食べたいかな///」

みずき「私も!パワプロ先輩の脇で握ったおにぎりが食べたい!」

パワプロ「じゃあ、おにぎりを普通に作ろうか」

みずき「よいしょ よいしょ」カチャカチャ

パワプロ「中に入れる具材はなにがいい?」

みずき「先輩のパn」

パワプロ「食べ物限定で」

みずき「じゃあやっぱり先輩のパンツじゃない」

パワプロ「こいつ頭おかしいぜ」

122: 名無し 2015/09/15(火)00:50:43 ID:N2O

太刀川「じゃあ、こんぶとおかかでも入れよう、具材は用意するからパワプロが握って」

パワプロ「はいよ」

太刀川(パワプロの手で握ったおにぎりナンテ絶対おいしいよ!)

パワプロ「ほっ ほっ ハイで来た」にぎにぎ

みずき「うまい」もぐもぐ

太刀川「ちょっと!できた傍から食べないでよ!」

みずき「早いものじゅんだもん!みずきの方が早かったもん!」

パワプロ「まぁまぁ、次のをあげるから」

太刀川「なら、パワプロが私に食べさせてよ」

パワプロ「はいはい、あーん」

太刀川「あーん///」もぐもぐ

みずき「あ!それ!みずきも!みずきも!」

パワプロ「はいはい、あーん」

みずき「あーん、おいしい!すっごく美味しい!」

パワプロ「変なことしないなら可愛いかもしれない」

みずき「次はパワプロ先輩の股で一つ!」

パワプロ「変なことしないならだけど……」

123: 名無し 2015/09/15(火)00:52:08 ID:N2O

パワプロ「ふぅ、ごちそうさま」

太刀川「いやぁ、食べたね」

みずき「じゃあ、私、お風呂入ってくる!パワプロ先輩も一緒にはいろう!」

パワプロ「僕はいいよ」

みずき「入らないなら!明日替えてないパンツ頂戴!」

パワプロ「駄目」

みずき「けちー」

パワプロ「というか、僕に関係なくいつも剥いでいくよね」

みずき「あれは、しょうがなくだもん!やりたいわけじゃないもん!」

パワプロ「そうかなぁ……」

124: 名無し 2015/09/15(火)00:52:55 ID:N2O

みずき「出たよー」ほかほか

パワプロ「みずきちゃん早く服着てね。じゃあ、次、太刀川入っていいよ」

太刀川「わ、私はパワプロの後でいいよ」

パワプロ「流石に僕の後に入ってもらうわけにはいかないからさ」

太刀川「う、うん。じゃあ、お言葉に甘えて……」

~風呂場~

太刀川「ここが普段、パワプロが入ってるお風呂か///」ドキドキ

太刀川「ここでいつも、パワプロは裸で…///」

太刀川「いけない、変にのぼせちゃいそう/// もう出よう」

126: 名無し 2015/09/15(火)00:53:28 ID:N2O

太刀川「ふぅ、いいお風呂だったよ、つぎパワプr…」

パワプロ「みずきちゃん!ハウス!ハウス!」ぐいぐい

みずき「いや!みずき、パワプロ先輩と寝るの!」ギュー

パワプロ「いつもドラえもんが寝てる押し入れで僕は寝るから、二人はベット使ってよ!」ぐいぐい

パワプロ「同世代の女子と同衾なんてしたら僕の理性が持たないんだよ!」ぐいぐい

みずき「みずきは初めてはパワプロ先輩の腕って決めてるの!」

パワプロ「処女喪失がフィストファックとはたまげたなぁ…」

127: 名無し 2015/09/15(火)00:54:35 ID:N2O

太刀川「なら、私が一緒に寝るならいいよね?」

パワプロ「まぁ、太刀川とみずきちゃんが二人ならいいんじゃない」

太刀川「良かった。じゃあ、三人で一緒に寝よう」

パワプロ「え?そういう話?」

太刀川「え?違うの?」

パワプロ「いや、みずきちゃんと太刀川が一緒に寝るって話じゃないの?」

太刀川「それじゃ、パワプロの家に泊まる意味ないじゃん」

パワプロ「友達の家に泊まるからって必ず同衾するものでもないんじゃないかな」

みずき「とにかく!一緒に寝るの!寝ないんなら、今ここで大声出すから!」

パワプロ「別に出してもいいけど、警察が来て困るのはみずきちゃんだと思うよ。」

みずき「ぐぬぬ」

128: 名無し 2015/09/15(火)00:55:08 ID:N2O

太刀川「あのさ、パワプロ、私と一緒に寝てくれない…かな?///」

パワプロ「いや、だから」

太刀川「わ、私。パワプロと一緒に寝たいな///」

パワプロ「ええっと(普段頼りになる太刀川がしおれながら言うと威力高いな…///)」

太刀川「ね?お願い…」

パワプロ「ううん、でも…」

太刀川「…ね?」

パワプロ「…はい」

太刀川「やった♪」

129: 名無し 2015/09/15(火)00:55:45 ID:N2O

パワプロ「流石に狭い」ぎゅうぎゅう

みずき「パワプロ先輩!少しでも詰めるために腕は私の膣内(なか)に入れて!」

パワプロ「遠慮するよ」

太刀川「パワプロに抱っこしながら寝るの幸せ///」

パワプロ「太刀川もほら、興奮してないでもう寝よ」

太刀川「パワプロ、パワプロ!」ギュゥゥゥ

パワプロ「腕に胸当てないで何というか色々困るから」

太刀川「パワプロ、だ、大好きいいい!」ギュウ

パワプロ「ははは、ありがと」

太刀川「ほんとなんだよ?」ウルウル

パワプロ「はいはい、道具の効果が切れた明日以降聞くから、もう寝なさい」なでなで

太刀川「ふみゅう///」

みずき「じゃあ!みずきとは熱い夜を過ごしましょ!」

パワプロ「いいよ、みずきちゃんが羊を10億数え終えたらね。」

みずき「ほんとに!えーっとじゃあ1、2、3、4、5、6、…」

パワプロ「もう寝よう」

130: 名無し 2015/09/15(火)00:58:47 ID:N2O

~翌朝~

パワプロ「ふぁあ、おはよう」

みずき「100210876、100210877、100210878……」ブツブツ

パワプロ「……」

パワプロ「あれ?太刀川は?どこ行ったんだろう」

パワプロ「ん?置手紙?」ペラっ

『死にます 探さないでください -太刀川―』

パワプロ(アカン)

パワプロ「太刀川はその後ドラえもんによる懸命の捜索により発見されたがしばらく恥ずかしがって僕と口をきいてくれなかった、
みずきちゃんは途中で数を忘れて四回数えなおした
ドラえもんはマリンちゃんで12万負けた」

第六話 終了

131: 名無し 2015/09/15(火)01:00:06 ID:N2O
今日はとりあえずここまでやで、体調悪いから続きはまた後日や
コメントかえせんで御免やで ほなまた

132: 名無し 2015/09/15(火)01:00:33 ID:N2O
あと、呼んでくれてありがとうやで!

134: 名無し 2015/09/15(火)01:01:22 ID:N2O
訂正
呼んで→読んで

135: 名無し 2015/09/15(火)01:16:54 ID:Pq2
おう、見とるから無理しないでゆっくり休むんやで
しかし甲子園に向かっとる気配が全く感じられんやで

136: 名無し 2015/09/15(火)01:34:57 ID:Cgc
おつやで

137: 名無し 2015/09/15(火)01:49:55 ID:3Rz
こういうのってミヨちゃんほぼ出てこないよな。元彼女なのにな

140: 名無し 2015/09/16(水)17:04:17 ID:QN9
携帯からやけど今日から出張なんで金曜日の夜に上げるで。実況の邪魔にならんように10時くらいからやで。待たせてごめんやで。

141: 名無し 2015/09/16(水)19:40:09 ID:X4I
サンキューイッチ

142: 名無し 2015/09/18(金)09:54:09 ID:zle
すまんで 出張から今日じゃ帰れそうにないで 上司に文句言いたいンゴ 土日も仕事になったので許して下さいなんでもしますから!

143: 名無し 2015/09/18(金)10:43:06 ID:PjU

>>142
気長に待ってるで~

ところで、なんでもするって言ったよね?

148: 名無し 2015/09/28(月)19:09:28 ID:roI
見たで

149: 名無し 2015/10/21(水)09:17:22 ID:Zsv
よっしゃこのスレまだあるやんけ!
ひそかにまっとるで

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする